MISSION

「衣」のパートナーを当たり前に

STORY

leeap誕生の経緯

leeapを始める前の話になりますが、とある女性向けファッションサービスを運営している女性コーディネーターがいました。

そのコーディネーターの女性とお話をしている中で、町中の男性や、自分の友人、彼氏など「ほんの少しファッションを変えることでよくなるのに勿体ない!」と雑談をよくしていました。

一方で弊社の男性スタッフはスタートアップとして働いており、皆総じてなかなか時間が無く、ファッションに気を使える余裕がない、生活の中で「衣」に関して手が回らない、という想いがありました。

そこで

・自分ごととして起こっている「衣」にリソースをさけない状況の男性
・男性を変えてあげたいと思っているファッションが得意な女性

そんな二人を結ぶことができるサービスは世の役に立つかもしれない、そう思ったことがきっかけでleeapが誕生しました。

leeapは英語の「飛躍」を意味するleapから来ており、leeapを使うことによって利用者の生活品質が飛躍してほしいと願ってつけました。

MISSION

衣食住の衣を
「信頼」し任せられる
サービス

今日では「生き方・お金・仕事」など様々な物事が早いスピードで変化しています。

人が生活していく上で必要な基本要素である「衣・食・住」においても、皆求めているものが多様化してきていると感じています。

そんな中「衣」においては未だこの世にほとんど「小売」モデルしか生活を支える手法がありません。

皆が自分でお店に行って、自分で選んで所有する、という昔は良かったのかもしれませんが、「小売」というモデルでは不都合を感じる人が出てきていると感じています。

『服を買いに行くのなら、子供と遊びたい』
『仕事に限界まで集中したい』
『洋服を誰かに任せて、趣味に没頭したい』

そんな自分の貴重なリソースを「衣」に割きたくない。
そんな人の「衣」を任せてもらえるサービスになりたいと思っています。

ただ、任せると言っても単に服をレンタルすればいいとは思っておりません。

任せるには前提として信頼関係が必要です。我々は会員の方と信頼関係を築く事を一番にフォーカスし、真に任せられるサービスになる、そうなることで人の生活がより豊かになる、それが我々のミッションです。