もう「服の色合わせ」に迷わない!オシャレに見えるコーデの色ルール1

何色と何色が合うのか分からない・・・

今日着ていくコーデを考える際、いちばん悩むポイントといえば「配色(色の組み合わせ)」ではないでしょうか。

服を選ぶとき、正直この色とこの色が合っているのか分からない・・・という場面に遭遇したことが誰しもあると思います。

そんなお悩みを解決する方法があります。
それは「配色技法(配色のパターン)を知る」ということです!

ぱっと見て「合っているな」と感じる配色には実はいくつかのパターンがあるのです。 そのパターンをシリーズで紹介していきたいと思います。

簡単にシックで大人なコーデをつくることができるトーンオントーン配色

今回紹介するのはトーンオントーン配色
まずは、トーンオントーン配色を使ったコーデを見ていきましょう。

黒×グレー

[引用]男前研究所

全身を黒っぽい色でまとめたコーデ。

暗くなりすぎないように、パンツの色を明るめに、さらに生地は光沢のあるものを合わせています。

ライトブルー×ネイビー

[引用]JOOY

青系の色でまとめたコーデ。爽やかで一体感のあるコーデになっています。

モスグリーン×リーフグリーン

[引用]JOOY

緑系の色でまとめたコーデ。派手な柄のパンツを使っていますが、トップスに同系色の無地のシャツを合わせることで柄の印象を抑えています。お気づきのように、トーンオントーン配色とは同じ色同士を合わせた配色技法です。

一つだけ気を付けるポイントが同じ色でも、色の明るさと鮮やかさを変えることです。
明るさと鮮やかさを変えることによって、こなれた雰囲気を出すことができます。

トーンオントーン配色を使うと、カンタンにシックでオトナなコーデをつくることができます。

トーンオントーン配色コーデをつくる手順

1.今日着たいコーデの色を決める
その日の気分に合わせて好きな色を選びましょう。この段階ではどんな色を選んでも構いません

2.ワードローブの中から選んだ色のアイテムをピックアップする
トップス、ボトムス、どちらでも構わないので今日着るアイテムを決めてしまいます。

3.2で選んだアイテムの色より濃いor薄い色のアイテムをピックアップする

▼例えば下の写真のライトブルーのシャツを選んだとします。

[引用]JOOY

ボトムスには同じ青系の色のものをチョイスします。その際に、上のシャツよりも濃いor薄い色の物を選ぶのがコツです。下の色サンプルのなかでいえばトップスが右から二番目くらいの色なのでそれ以外の色のアイテムを選びます。

[引用]the power of powerpoint

これでトーンオントーン配色のコーデの完成です。

トーンオントーン配色コーデは、いま持っているアイテムで簡単に挑戦できるコーデなのでぜひ試してみてくださいね!

leeap magazineメルマガ会員募集中!


▼休日のコーデをワンランクアップするコツが分かる
▼女性スタイリストが考えた真のモテコーデが見られる

leeapでは、スタイリストがつくったコーデをレンタルすることができます!

メンズファッションの月額レンタルサービス
http://leeap.jp/

You may also like