ボーダーとストライプ。「縞々(シマシマ)」の上手な使い分け

6月に入ると夏日が続き、既に半袖通勤や通学をされている方も多いと思います。これからの時期のアイテムは、比較的リーズナブルなうえにカラフルな物や派手目の柄物とバリエーションも豊富。コーディネート選びの選択肢も増え、考えるだけでも楽しくなってしまいますね!

しかし、嬉しい反面、薄着な分、「汗」や「臭い」や「身体のシルエット」も目立ってしまい、アイテム数やコーディネートに悩まされるなんて事もあるのではないでしょうか?上着やストールといった小物使いも減る分、「あの人、いつも似たような格好してない?」感が目立ってしまう季節でもありますね。

ビジネスシーンでもクールビズが始まり、日々のコーディネートに頭を悩ませているかたもいらっしゃるかもしれません。もちろん無地のシャツやパンツでまとめ色物で遊ぶのも素敵ですが、せっかくなのでもうワンアイテムをプラスし、ボーダーやストライプを使って遊んでみてはいかがでしょう?グッとオシャレ感が上がり、着こなしの幅も増えますよ!

今回は、夏に向けて「ストライプとボーダーの選び方」を織り交ぜて、オシャレな着こなし方についてご紹介させていただきます。どちらも人気の柄ですので、既にマストアイテムとして取り入れていらっしゃる方も多いとは思いますが、改めてコーディネート選びの参考にしてみて下さいね!

ボーダーとストライプ。「縞々(シマシマ)」の上手な使い分け

さて、「ボーダー」「ストライプ」と聞いて、何を連想されますか?
あの「ウォーリーをさがせ!」を想像されたかもしれません。確かにあれも素敵なボーダーコーデではありますが、「赤×白のボーダー+デニム」・・・それは今年のハロウェインまでとっておきましょう。

一般的には襟付きのシャツやパンツには「ストライプ柄」をよく見かけ、Tシャツなどのカットソーで「ボーダー」を見かけることが多いのではないでしょうか?つまり、「ストライプ」はビジネスシーンやフォーマルシーンでも活用出来る上品系アイテムであり、「ボーダー」はカジュアルシーンで活躍するアイテムとして使い分けをされることも多いようです。

縦縞なのか、横縞なのか、はたまた斜め縞なのか。そしてそれは太いのか細いのか・・・そのデザインは何通り何種類と無限の可能性を秘めていて、一概に「縞々(シマシマ)」などと片づけてしまうことは出来ない、とても奥の深いデザインなのです。

もちろん、似合う縞の向きも太さも十人十色。「ボーダーは体型が太く見えてしまう」「ストライプは細身に見える」という話もよく耳にします。そのような視覚効果もありますが、だからと言って「ボーダーは避けよう」「ストライプは似合わない」なんて発想はちっとも面白くありません!それでは全力でオシャレを楽しむことも出来ません。是非、この機会にあなたにベストな「縞々」を見つけてみて下さい!

メンズファッションの月額レンタルサービスleeap

アウトドア派におススメな、王道爽やかボーダーコーデ

アウトドア派におススメな、王道爽やかボーダーコーデ

ブラック×ホワイトのボーダーは爽やかさ抜群の定番アイテム。今年の夏にぜひ取り入れたいですね。多くのショップやブランドでも目にする機会も多いと思いますが、意外に種類も多く、誰かと被るといったことも少ないと思います。

細めのボーダーでVネックを選べば、全体的にスッキリとした印象に見えるので、体型が気になる方にもおススメです。ジャケット代わりに七分袖や半袖のシャツを羽織ればカジュアルになり過ぎず、もちろんアウトドア以外でのシチュエーションでも使えます。ホワイトシャツをチョイスすることで爽やかで清潔感のある印象になりますね!

パンツはブラックやネイビーがおススメ。もちろんデニムとの相性も抜群で、下半身はスッキリし細身に見えます。濃い目の配色のパンツを合わせる際はアンクル丈やクロップドパンツをチョイスすれば、重たく暑そうな印象にはなりません。

ポイント

  • 細めのボーダのVネックは、全体的にスッキリとした印象を与えてくれます。
  • 七分丈や半袖のシャツを羽織ればカジュアルな感じに。白シャツを合わせると清涼感が増します。
  • パンツはダーク系がおすすめ。アンクル丈やクロップドパンツなどを合わせれば重たい印象も払拭できます。
  • 足元はスニーカーでもサンダルでもOKです。シチュエーションに合わせて遊んでみましょう。

インドア派におススメな、知性派ストライプコーデ

インドア派におススメな、知性派ストライプコーデ

ビジネスシーンで、シャツやパンツにストライプ柄を選ぶことが多いと思います。印象やイメージを引継ぎつつ、夏場のプライベートファッションでストライプを楽しむ際のコーディネートをご紹介。

ホワイトの無地カットソーで上半身はスッキリシンプルにまとめます。パンツはブラック×ホワイトのストライプをチョイス。普段ビジネスで使用しているよりも「やや太め」の線に挑戦してみると面白いですね。少し太めのストライプでも、全体をモノトーンで合わせることでスッキリと細身にまとまります。また、あえて緩めのデザインパンツで合わせても、リラックス感はあるもののルーズさは感じさせません。

更にホワイトやブラックのハットなどを使い、あえてモノトーンで統一することで、知的感とオシャレ度はグッと上がります。暑さを避けて、インドアデートをする際などには、是非トライしていただきたいコーデの一つです。

ポイント

  • 白または無地のカットソーで、上半身はスッキリシンプルに。
  • 足元まで、全体をモノトーンに寄せることで細身にまとまります。
  • 小物使いもモノトーンで統一することで、知的な印象がうまれます。

定番のマリンスタイルでつくるボーダーコーデ

定番のマリンスタイルでつくるボーダーコーデ

夏と言えば海!海と言えば人気なのがマリンスタイル。ここは何と言ってもボーダーの出番ですね。

ここでもあえてブラック×ホワイトをチョイス。膨張して見える、可愛く見える、といったデザインにとられがちの太めのボーダーをスッキリ大人っぽく着こなしましょう。一見すると暑そうな配色ですが、ハーフパンツで合わせることでバランスが取れます。

Vネックのカットソーをチョイスすれば更に上半身がスッキリ見えるので、体型カバーにも役立ちます。同じくモノトーンのタイトなポロシャツで合わせるのもおススメです。ポロシャツの場合はボタンを閉めても開けてもさまになるので、お好みとシチュエーションに合わせて下さいね。

ポイント

  • 太めのボーダーで大胆に大人っぽく着こなします。
  • 暑さを感じさせないためにも、ハーフパンツでバランスを取ります。
  • Vネックのカットソーを選べば、上半身はスッキリに。ポロシャツなどへの組み換えにもバッチリ。
  • 足元やハットなどの小物も全て、モノトーンで合わせることでワンランク上の大人マリンスタイルが楽しめます。

オフでもストライプシャツ派にオススメな、ワイドストライプシャツコーデ

オフでもストライプシャツ派にオススメな、ワイドストライプシャツコーデ

ビジネスシーンはもちろん、オフでもストライプシャツを愛用したい人にピッタリなコーディネートです。普段より太めのワイドストライプのシャツで、キチンと感は出しつつもラフな印象に。ブルーやグレーは涼しげで爽やかな印象を与えます。

このタイプはボタンを閉めて着ることが多いのですが、もちろん前を開けてジャケット代わりに羽織るなど、もどちらのコーデも楽しめます。ワイドストライプはインパクトが強いため、くどくならないようにシンプルな無地のカットソーを合わせてバランスを取ります。

ボトムスや足元は、モノトーン系やカーキ系でスッキリまとめましょう。主役をワイドストライプシャツにする場合、全体的に配色が散らばらないようにすればオシャレにまとまります。

ポイント

  • 太めのワイドストライプシャツで、きちんとしつつラフに。
  • ボタンの開け閉めはで印象も変わります。羽織る様に着るときは、シンプルな無地カットソーを合わせます。
  • 下半身(ボトムス/靴など)はモノトーン系やカーキ系でまとめます。
  • 夏の時期、アンクル丈やハーフパンツを合わせて涼しげでオシャレ度をUPしましょう。

いかがでしたでしょうか。お気に入りの「縞々」とその組み合わせは見つかれば幸いです。

縦か横か斜めか・・・一つに絞ることはなかなか難しいもしれませんが、基本的には一回のコーデにつき「縞々」をミックスしないコーデを心掛けましょう。一気に欲張らず、是非色々なコーデを楽しんでみて下さいね!お気に入りの「縞々」を見つけて、やってくる厳しい夏の暑さを元気に迎えましょう!

leeapでは、スタイリストがつくったコーデをレンタルすることができます!

メンズファッションの月額レンタルサービス
http://leeap.jp/

You may also like