だらしなく見せない、オシャレに着こなす「スウェットパンツコーデ」

休日や大型連休など、皆さんはどんな風にお過ごしですか? 友人や家族、恋人、またはお一人様で海外旅行や国内旅行に出かけたり、お家でのんびり過ごすのも良いですよね。5月を過ぎると気候も暖かくなり、日中は半袖姿でも大丈夫、なんてかたもいらっしゃると思います。自然と体も軽やかになり、ファッションも動きやすい物を着たくなってしまったり…

さて、そんな季節につきもののお悩みが、連休(休日)コーディネートではないでしょうか? 「基本、アウトドアがメインだから、汚れても平気で動きやすく、でもオシャレな格好をしたいけど…」 「基本、インドアがメインだけど、あまり部屋着感が強いと急な来客やちょっとした外出の際に恥ずかいなぁ…」 そんな悩みを同時に解決してくれる便利アイテム、それが「スウェットパンツ」です。

ひと昔前までは、スウェットパンツと言えばパジャマ代わりに着たり、休日のお父さんの「のんびりした服装」なんてイメージもありましたが、現在では「バイカースウェットパンツ」というオシャレアイテムが流行していることをご存知でしょうか?

海外セレブから若い女性まで、その人気は非常に高く、ファッション誌やサイトで目にする機会も多いのではないでしょうか?今や多くのファッションブランドがそのデザインを取り入れているのです。

だらしなく見せない、オシャレに着こなす「スウェットパンツコーデ」

そもそもスウェットパンツは、腰回りやもも回りを締め付けないゆったりとしたデザインで、履き心地の良さと伸縮性の高さ、柔らかな素材感から、部屋着や作業着、トレーニングウェアとして使用するにはもってこいの機能を兼ね備えています。

素材をうまく使い分け、夏は吸水性、冬は防寒性が高く、それ故にスポーツシーン以外では、自然と「部屋着」「パジャマ」として愛用されることも多く=「ダボダボしてなんだかだらしない」という印象を与えてしまっていたのかもしれません。

また、スポーツシーンでよく目にする物は、機能と安全性の面から足首がキュッと絞られている物が多く、「動きやすいけど、何となくダサい」そんな風に感じる人もいると思います。

しかし、最近の主流では、その機能性を残しつつデザイン性に優れたタイトシルエットも相まって、さまざまなシーンで活躍しています。カジュアルはもちろん、キレイ目コーデやハード系のコーデとの相性も良く、通学やデート、季節のイベントと幅広く使えます。

では、そんなスウェットパンツのオシャレな着こなし方について、今回はタイプ別にご紹介したいと思います。 スウェットパンツは金額も比較的リーズナブルな物が多く、お手入れも簡単な為、色違いやデザイン違いの物を何枚コンプリートしていても楽しめますよ!

メンズファッションの月額レンタルサービスleeap

キレイ目ジャケットのスウェットパンツコーデ

キレイ目ジャケットのスウェットパンツコーデ

さて、「さすがにキレイ目コーデにスウェットパンツは合わないのでは?」そんな風にお考えの皆さんにはこちらをご紹介!全体をモノトーンでまとめることで、スウェットパンツ特有のダボダボしたイメージを感じさせず、逆に他のパンツには無い素材感とシルエットでオシャレ上級者の印象を強くすることが出来ます。

ポイント

  • トップスは白のカットソーやシャツに、黒無地のタイトジャケットを合わせましょう。
  • 足元までモノトーンカラーでスッキリまとめて。 スニーカーはもちろんのこと、あえて革靴と合わせてもクールにキマリます。
  • さらにハット等の小物もモノトーンで合わせれば、よりシックでクールな印象に!

キレカジ・マリン系のスウェットコーデ

キレカジ・マリン系のスウェットコーデ

5月・6月の時期にオススメなのがキレカジコーデ。全体的に爽やかな色合いでマリンルックテイストに仕上げてみてはいかがでしょう?

ポイント

  • オフホワイトのスウェットパンツをチョイス。
  • トップスはマリンカラーや、モノトーンのボーダーカットソーを合わせましょう。
  • デニムのシャツをジャケット代わりに羽織り、色合いを合わせるとより爽やかな印象になります。シャツはボタンを閉めず、インナーを見せるとバランスが良いですよ!
  • 足元は白や青のスニーカーで軽やかに。夏場はサンダルで合わせても素敵です!スニーカーは素足で合わせてもOK!靴下を合わせる場合は短めのデザインで、なるべく足首が見えるようにするとより涼しげです。

カジュアルシャツのスウェットパンツコーデ

カジュアルシャツのスウェットパンツコーデ

スウェットパンツはカジュアル系シャツとの相性も抜群です。屋外で過ごす機会が増えるこの時期、アウトドアで日焼けや虫刺されが気になるかたにもオススメのコーデです。

ポイント

  • グレーのスウェットパンツをチョイス。
  • 白カットソーに、チェックやストライプなどの明るめのシャツをジャケット代わりに羽織りましょう。
  • 足元はスニーカーで軽やかに!全体的に明るい配色になった場合は、黒のスニーカーを合わせて引き締めると良し。
  • シャツコーデを追求したい人は、白シャツのボタンは閉じて、同系色のスニーカーで合わせるのがオススメです。やや難易度の高いコーディネートですが、オシャレ度も高いコーデに挑戦してみるのも良いかもしれません!

ハード系のスウェットパンツコーデ

ハード系のスウェットパンツコーデ

何となくゆるめの印象があるスウェットパンツ…ハード系アイテムとの相性は?もちろん抜群です!

ポイント

  • グレーのスウェットパンツに白のカットソーをチョイス。
  • 季節を問わず人気のライダースは丈感が丁度良く、スウェットパンツと合わせてもバランスがキレイです。 秋冬にはレザーを合わせることで違った雰囲気を楽しめます。
  • インナーは黒で合わせ、スッキリと見せるのもオシャレですね。
  • 足元は、春夏にはモノトーンのスニーカーや軽めの革靴。秋冬にはブーツでOK。逆に一点集中で、赤や青の派手目のスニーカーを合わせてみるのも個性的で面白いですね!

いかがでした?「スウェットパンツ」の可能性や魅力を感じていただけると嬉しいです。既にスウェットパンツをオシャレアイテムとして取り入れてる人も、これから挑戦してみたいという人も、ぜひ参考にしてみて下さいね!

最後に、スウェットパンツをオシャレに着こなすポイントですが、何より大切なのは「サイズ選び」です。スウェットパンツと言えば、ウエストがゴム仕様のデザインが多く、比較的サイズ感は気にしなくていいように思われがちですが、オシャレアイテムとして活用する場合は「サイズ感と適度なフィット感」がコーデのカギを握ります。

最近では比較的タイトなシルエットが好まれがちです。そもそもが柔らかい素材を使用しているため、他の素材のパンツに比べ身体のラインがハッキリと出てしまう場合があります。「履けるから(動けるから)これで大丈夫かな?」と、あまりピッタリサイズの物をチョイスすると「レギンスパンツ」のようになっていしまうので注意が必要です!逆にゆるさやラクチンさを追求して、大き目のサイズをチョイスしても、結局ダボダボしたシルエットになってしまうので、気を付けましょう!

腰回りも含め、ももや足回りのラインに視線を合わせることで、全体のシルエットがキレイに見えます。ぜひ自分のジャストサイズを選んで、「スウェットパンツコーデ」を楽しんでみて下さい!

leeapでは、スタイリストがつくったコーデをレンタルすることができます!

メンズファッションの月額レンタルサービス
http://leeap.jp/

You may also like