ロング丈のカットソーを「緩く・上手く」活用する大人のテクニック

昨年に引き続き、オーバーサイズのコーデが人気です。微妙に大きいサイズや、ちょっとだけ長い丈のトップスを使うことで、余裕を感じさせるシルエットが作れるます。体を締め付けない緩い着心地も人気の秘密ですね。

ただ、ロング丈というのは一歩間違えると「緩い」ではなく「だらしない」印象を与えてしまいます。幼く見えてしまうこともあり、20代~30代の方は、合わせるアイテムをちょっと工夫したいですね。

一見、「難しいアイテムなのかな」と身構えてしまうかもしれませんが・・・でも大丈夫。ちょっとしたルールさえ守れば着こなし自体は全く難しくありません。

今回はそんなゆるいシルエットのロング丈カットソーを着こなすコツをご紹介したいと思います。

ロング丈のカットソーを「緩く・上手く」活用する大人のテクニック

今回は3つのタイプからコーデをご紹介。

・緩さと上品さを両立させたキレイめコーデ
ロング丈1枚を主役にして、緩さと軽さを感じさせる夏にぴったりのコーデ

・王道チェックシャツを使ったアメカジコーデ
王道のアメカジコーデに旬のロング丈を一枚プラスした今季のアメカジコーデ。

・とにかく緩く自然体に!ナチュラルコーデ
締め付ける服が嫌いな方に。上下ゆるいシルエットなのにだらしなく見えないナチュラルコーデ

メンズファッションの月額レンタルサービスleeap

緩さと上品さを両立させたコーデ

緩さと上品さを両立させたコーデ

上下を緩いシルエットの服で揃えてしまうと、どうしてもだらしなくなりがちです。だらしなくならない為にも、色使いと小物使いでカバーします。上下は基本的にモノトーン。明るい色を入れてしまうと、幼く映るためライトなカラーは避けてください。

ボトムスは、特に合わせやすい色でもある、「黒のパンツ」がお勧め。ロールアップをすれば適度なこなれ感が出るので野暮ったくなりません。さらに長めのネックレスや大きめのブレスレットなどの小物をプラスする事でぐっとオシャレに見えますよ。

全体的に軽さを意識しつつ、足元はサンダルをチョイス。モノトーンの色使いもあって、「子供っぽく」なることはありません。

ポイント

  • アイテムは基本モノトーン。特にトップスとボトムスに派手な色使いは避ける。
  • 暗めのカラーパンツをロールアップし、こなれ感を出す。
  • アクセサリーなどの小物は気持ち多めに。

王道なロング丈を使ったアメカジコーデ

王道なロング丈を使ったアメカジコーデ

ジーンズとチェックシャツの組み合わせは、とても落ち着きますよね。王道とも言える「ジーンズ+チェックシャツ」の組み合わせは鉄板です。ただし、この組み合わせだと「王道過ぎ」て今季のトレンドとは少しズレてしまいます。

そこでインナーにロング丈をプラスしましょう。たったこれだけで、グッと今季っぽいシルエットが構築できます。

注意しておきたいポイントは、インナーとボトムスを落ち着いた色にすること。色を落とすことで、羽織るチェックシャツが暗めでも明るめでも大人っぽく、綺麗にまとまります。また、帽子をアクセントとして使うのも良いですね。とくに黒のハットがお勧めです。

足元はもちろんスニーカー。ローカットも良いですが、ハイカットでもOK。黒などの「落ち着いた色」が合わせやすいですよ。

ポイント

  • インナーにロング丈を持ってくる。
  • インナーとボトムスはモノトーンカラーで。チェックシャツはどんな色でもOK
  • 黒のハットでさらに大人っぽく。
  • スニーカーは好きなものをチョイス。落ち着いた色が合わせやすいのでお勧め。

緩いアイテムを掛け合わせたナチュラルコーデ

緩いアイテムを掛け合わせたナチュラルコーデ

トップスもボトムスも体を締め付けるのは嫌だ!という「リラックス派」の方にオススメしたいコーデです。ポイントは色使いです。「モノトーン」や「明るい派手な色」を合わせてまうと、子供っぽく・だらしなく見えるためNGです。上下とも「ベージュ」や「カーキ」などの「アースカラー」を選んでください。

ボトムスはロールアップするか、足首がちょっとだけ見える9分丈がベストです。フルレングスはだらしなくなるので避けましょう。ちょっとだけアクティブに見せたい場合は、人気のジョガーパンツを合わせても面白いかもしれませんね。

せっかく出したくるぶしを最大限生かせるよう、ローカットの靴がオススメ。

ポイント

  • 上下ともにモノトーンも明るい色もNG。アースカラーをチョイス。
  • ボトムスはロールアップするか9分丈。
  • 靴はローカットを選び、くるぶしを見せて軽さを出す。

いかがでしたか?
共通するポイントは、幼く見せないために「モノトーンやアースカラー」などの「大人っぽい色」でまとめることです。

もちろん差し色として派手な色を使うのもアリですが、コーデの難易度がちょっと上がってしまいます。ロング丈やビッグシルエットを着慣れていない方は避けた方が無難です。慣れてきたら少しずつ「色で遊ぶ」のも楽しいですけどね。

1枚あれば今季っぽいシルエットがすぐに作れるロング丈。手持ちのアイテムと合わせるのも難しくないので、ぜひとも抑えておきたいアイテムです。

leeapでは、スタイリストがつくったコーデをレンタルすることができます!

メンズファッションの月額レンタルサービス
http://leeap.jp/

You may also like