オールシーズン着回しやすい「デニムシャツ」の正しい着こなし方。

男性の定番シャツの1つといえばデニムシャツですね。「チェック柄のシャツや白シャツ」とはイメージが異なるデニムシャツを着たいとき、ボトムや他のアイテム選びに悩むことはありませんか?また、デニムシャツを使うことで、ワイルド過ぎたり、野暮ったくなったりしがちでなかなか着こなせない、という悩みはありませんか?

デニムシャツを綺麗めに着こなすにはちょっとしたコツやルールがあります。今回はそんなデニムシャツを大活躍させるためのコーデを3つご紹介。野暮ったくならず、スタイリッシュに着こなすコツを伝授します。

オールシーズン着回しやすい「デニムシャツ」の正しい着こなし方。

ワイルドな要素が強いアイテム

デニムシャツはかなりワイルドな要素が強いアイテムです。ジーンズと合わせたりする上級者コーデの場合、バランスをとるのが難しく、コーデに失敗してしまうと間違ったセットアップになってしまいます。

かといって適当に着てしまうと「野暮ったさ」が前面に出てしまい、「とりあえず着た感」が残ります。

デニムシャツでバランスを取るために、他のアイテムを効果的に使います。ほんの少し「ワイルドさを中和」したり、「見せる面積を少なく」し脇役としてチラっと見せるような着方をすることで、グっとオシャレに着こなすことができます。

今回は3つのデニムシャツを使ったコーデをご紹介したいと思います。
・男くささを出しつつも綺麗にまとめるワイルドコーデ
・極限までスタイリッシュ!キレイめコーデ
・インパクトのあるアウターで野暮ったさを中和する大人のストリート

メンズファッションの月額レンタルサービスleeap

男くさい部分を出しつつも、綺麗にまとめるワイルドコーデ

男くさい部分を出しつつも、綺麗にまとめるワイルドコーデ

まずは白シャツとデニムシャツを組み合わせた定番コーデです。この組み合わせは、ひとつ間違えると昔のロックシンガーみたいになるため注意が必要です。そこで、ボトムにはモノトーンのパンツを持ってきて、モードっぽい方向にバランスを取りましょう。上半身のワイルドさを下半身のモノトーンで中和します。

このコーデのポイントは、ずばり「サイズ感」です。白シャツとパンツは少し”ゆとり”があるくらいが丁度良い(ただし緩過ぎるのはNG)です。対してデニムシャツはタイトなものを選んでください。全てのアイテムをタイトに寄せてしまうと、やや神経質そうに見えるので”ほどほど”に選びましょう。

全体的にシンプルになるようアイテムをまとめてください。強い差し色、デザインやロゴの入った物はできるだけ避けましょう。

ポイント

  • 白シャツ、デニムシャツというワイルドな組み合わせは、「モノトーンのボトム」でバランスを取る
  • デニムシャツはジャストサイズを順守
  • 白シャツはシンプルなものを選ぶ

極限までスタイリッシュなキレイメコーデ

極限までスタイリッシュなキレイメコーデ

全てのアイテムをタイトに寄せてしまうと「神経質」に見えると書きましたが、中途半端ではなく、徹底的にサイズを寄せてしまうのも一つの選択肢です。海外セレブのように全身をタイトで綺麗めにまとめてしまいましょう。

ボトムは黒のスキニーで、妥協のないジャストサイズを選びます。靴は革のブーツ、時計はクロノグラフでやり過ぎなくらい大人っぽい雰囲気を作ってください。

そしてメインのデニムシャツは色の濃いものをチョイス。ボタンをしっかり留めることで、さらに綺麗めな印象を作ることができます。逆にボタンを開けるとやや男っぽくなります。自分の個性に合わせて調節してくださいね。

そして一番重要なアイテムは「ハット(帽子)」です。ハットを被ることで、やりすぎなくらい作りこんだタイトなコーデに「ヌケ感」を作ります。

ポイント

  • ボトムは「黒のスキニー」一択!サイズはジャストなものを選ぶ
  • 革のブーツにクロノグラフで大人っぽさを前面に強調
  • 濃いデニムシャツでさらに高級感を追加
  • 最後にハット(帽子)で「ヌケ感」を作る

インパクトあるアウターで、野暮ったさを中和する大人のストリート

インパクトあるアウターで、野暮ったさを中和する大人のストリート

まだまだデニムシャツ1枚だと肌寒いな、という時に合わせるアウターコーデです。デニムでなければ、どんなボトムとも相性が良いので、好きなボトムにデニムシャツを合わせてください。そこにややインパクトのあるアウターを羽織れば完成です。

お勧めはダークトーンの迷彩柄ジャケット。ダークトーンの迷彩柄ならどんなボトムとも相性がいいですし、これ1枚で大人目のストリートスタイルの完成です。デニムシャツは個性が強めなのでアウターの下にちらっと見えるだけでも十分コーデのアクセントになります。

このコーデのポイントは、アクの強いアイテムは必ずアウター1枚のみにするというルールだけです。

ポイント

  • デニムシャツに合わせるボトムは、同じデニムを避ければ何でも合わせやすい
  • デニムシャツに負けない個性的なアウターを羽織る
  • デニムシャツを含め、アウター以外はシンプルにまとめる

いかがでしたか?
ちょっとルールが多いと感じるかもしれませんが、基本的には「シンプルにまとめる」というポイントだけを抑えれば、難しくなく合わせ難いといったアイテムではありません。

サイズ感を変えたり、ボタンの開閉だけでも印象がガラリと変わるので、幅広い着こなしが楽しめます。一度ルールを覚えてしまえば、様々な着こなしができるのがデニムシャツの魅力です。

今回は一例なので他にも様々なバリエーションや着回し方があります。ぜひ参考にして自分らしいデニムシャツの着こなしを見つけてくださいね。

leeapでは、スタイリストがつくったコーデをレンタルすることができます!

メンズファッションの月額レンタルサービス
http://leeap.jp/

You may also like